房総の滝 列伝(今後おいおい増やします)

1.家族連れで見に行ける滝
----車で行った方がよい.----足ごしらえはきちんとしてください。

●粟又滝・滝沢の滝・かっか滝 (夷隅郡大多喜町)
●坊滝・前惣引滝、沢山不動滝 (安房郡三芳村):(工事中です)
●黒滝 (安房郡和田町)
●大戸場滝 (君津市)
●白糸滝  (富津市)
●南玉不動滝 (山武郡大網白里町)

●濃水滝・鍋石川廻しの滝(君津市) :(工事中です)


2.知る人ぞ知る滝 

●内梨滝 (夷隅郡大多喜町) :
    河川争奪の滝ですが、瀑布帯として
●小中大滝 (山武郡大網白里町) 
    東金崖線と河川争奪の滝です。
    →サブページ ●小中川の河川争奪   ●小中大滝の形成
●雨降滝 (勝浦市) :
    水田型の川廻しのなかで特殊な川廻しの滝。指定の価値あり
    →サブページ ●雨降滝の川廻し     ●川廻しって何?
●双峰飛泉 (海上郡東庄町)  : 人工化された滝が、その後野生化した例。
    現象としては矮小だが、微地形は面白い。指定価値あり。
●開墾場滝 (君津市) : 林業型川廻し滝の典型例。
●伊戸の滝 (館山市) : 人工改変前はよかった滝の例。
 <以下、順次作成>
●四方木不動滝 (安房郡天津小湊町) : 崩壊による河道変更滝。滝壷の形成例。
●田代滝 (夷隅郡大多喜町) : 自然の曲流短絡滝。
●外野の瀑布帯 (安房郡富山町) : 房総有数の瀑布帯
●伊戸不動滝 (館山市) : 人工改変前はよかった滝の例。
●太海不動滝 (鴨川市) : 化石海食崖型の滝
●泉川滝 (鴨川市) : 地震隆起によりできた平野型の滝

  滝topへ