滝の新情報目次に戻る  HPtopへもどる

●新情報31 「新2.5万地形図の間違い 滝の位置が違う」
その3 君津市鍋石の濃水滝
図幅名は、2.5万地形図の坂畑の南東部分。

君津市 鍋石 小櫃川の支流笹川。
緯度経度は、
世界座標で、N35度11分07秒 E140度03分34秒ぐらい。

 
 どんな風に違うかというと・・

●2.5万坂畑 の南東部分です。

図の緑丸が、滝の正しい位置。
赤線で囲んだのが地図の滝の位置。間違っています。
 
 この滝は、西のほうから合流する支流の合流点の直下で、川の曲がり角にあるんです。
  地図の滝の位置は、直線の河道にあり、合流点とも離れています。現実の滝のある川の屈曲点との関係からみて、違うのは当然です。
 現在は、片倉ダムができていて、その湖尻にあたり、
 「濃溝滝」とその上流の川廻し滝(「洞窟の滝」という観光名になっている、図の薄緑が川廻しのフルカワ跡。黒丸が川廻しの滝).とで、公園化されています。
 というわけで、誰でも行けるところですので、是非訪れてみてください。 地図はともかく、滝はいいです。

 念のため申し添えますが、この誤りは、国土地理院の担当の方にご連絡済みで、関係部署に連絡されたとのことですので、そのうち、訂正もなされるでしょう。
 ただ、市販されている図面をお持ちの方は、ご注意ください。 
 「蛇足」
なお、私が、「誤りである」と断言していますが、その根拠と信頼性はいかがか。地図のプロの国土地理院の地図のほうが正しいのではないか、と考える方もあるかと思います。

それにつきましては、どっちを信用するかということですが、私、滝おやじも、一応地図学会会員でして、さらに、地形関係の学会員でもあります。・・・それだから信用できるということではありませんけど。(^.^)

最大の根拠は、「どうぞ見に行ってください、地図が少しでも読める人なら、100人中100人、緑印の所に滝があると、言います。」 という、絶対の・揺るぎない自信でしょうかね。 

(滝を観るtopへもどる)  滝の新情報topへもどる