滝の新情報目次に戻る  HPtopへもどる

●新情報31 「新2.5万地形図の間違い 滝の位置が違う」
その5 大多喜町のかっか滝(小沢又の滝・生命の滝)

図幅名は、2.5万地形図の上総中野の北西部分。

大多喜町 小沢又 養老川の支流
緯度経度は、
世界座標で、N35度13分40秒 E140度10分30秒ぐらい。

粟又滝の下流の本流左岸沿いの遊歩道から川沿いでも行けますが、小沢又に町営駐車場もあり、そこから躑躅で有名な水月寺〔地図の寺記号〕の脇を行くと、観光化された滝入り口があります。最近、滝上に橋をかけて景観をぶち壊しているようですが、どうなったかな。写真名は橋を作る前。

 もともとの名前は、「かっか滝」ということですが、小沢又の滝ともいってましたね。
 「生命の滝」という観光名が付けられています。 この滝の下流すぐに落ちてくる滝を、幻の滝とか、地蔵の滝といってますけど、人工の滝で、種類としては、滝モドキです。
  このたきは、高滝の同期の滝です。 詳しい紹介は、→ 滝の情報カード参照
 
 どんな風に違うかというと・・

●2.5万上総中野 の北西部分です。

図の緑丸が、滝の正しい位置。
赤線で囲んだのが地図の滝の位置。

 距離的には大して違ってません。
 ただ、これも、明瞭に川の曲がり方との関係や、崖の地形との関係で、読図のできる人なら間違えるわけないような質的な違いですけど。
 まあ、違いは違いだからというわけでついでに出しておきます。

 念のため申し添えますが、この誤りは、国土地理院の担当の方にご連絡済みで、関係部署に連絡されたとのことですので、そのうち、訂正もなされるでしょう。
 ただ、市販されている図面をお持ちの方は、ご注意ください。 
 「蛇足」
なお、私が、「誤りである」と断言していますが、その根拠と信頼性はいかがか。地図のプロの国土地理院の地図のほうが正しいのではないか、と考える方もあるかと思います。

それにつきましては、どっちを信用するかということですが、私、滝おやじも、一応地図学会会員でして、さらに、地形関係の学会員でもあります。・・・それだから信用できるということではありませんけど。(^.^)

最大の根拠は、「どうぞ見に行ってください、地図が少しでも読める人なら、100人中100人、緑印の所に滝があると、言います。」 という、絶対の・揺るぎない自信でしょうかね。 

(滝を観るtopへもどる)  滝の新情報topへもどる